妊娠中に青汁を飲んでも大丈夫?

妊娠中にはバランスのとれた栄養を摂らなければいけません。
でも、つわりが大変だとなかなか栄養のある食事をとることできませんよね。
そんな時オススメなのが青汁です。
青汁にはいろいろな原料が使われていますが、妊娠中に飲んでも大丈夫!
むしろ積極的に青汁を飲んだ方が良いんです。

妊娠中に飲む青汁の選び方をご紹介します!
まずは、ノンカフェインの青汁を選びましょう。
青汁は飲みやすくするために、抹茶や緑茶が使用されているものがあります。
それらはカフェインを含まれている事が多いので、ノンカフェインの青汁を選ぶようにしてください。
青汁に使用されているカフェインの量はごく微量なので神経質になりすぎる必要はありませんが、カフェインを少しでも摂取したくないという方はノンカフェインの青汁を選んでくださいね。

食品添加物や農薬が使われていない青汁を選ぶことも大事です。
今は添加物が使用されている食べ物が多いですが、妊娠中はできるだけ無添加なものを摂りたいですよね。
妊娠中は赤ちゃんの健康のためにも、無添加の青汁を選んでください。
また農薬を使用していない青汁を選ぶこともお忘れなく。
原料を栽培する上で農薬を使っているか、残留農薬検査を行っているかなどをチェックすると良いです。

最後に、国産の原料を使って国内で加工されているものを選びましょう。
海外産の原料を使用しているもの、海外で加工されているものは国内では使用を認められていない農薬や成分が入っている危険性があります。
海外の原料を使っていたり、海外で加工をするとコストが抑えられるので安く購入できますが、安全性のことを考えると国産原料&国内加工されている青汁が安心です。

ご紹介した三つのポイントを抑えて、青汁を選ぶようにしてくださいね。
青汁は健康に良い飲み物ですが、たくさん飲んだからといって赤ちゃんの健康にすごく良い!ということはありません。
大事なことは、毎日こまめに青汁を飲むことです。
商品のパッケージに記載されている適量を守って、青汁を飲んでくださいね!