青汁で作る美味しいスープ

青汁は料理に入れても美味しく召し上がれます。
オススメの調理法がスープ。
スープは温かいので、青汁を入れても栄養素が壊れないか気になりますよね。
その点は大丈夫!
青汁は超時間、高温でグツグツ煮ない限り栄養素が壊れることがありません。
たとえ栄養素が流れ出たとしても、スープで全て飲むので問題ないですよね! それではさっそく美味しくて簡単にできる青汁スープレシピをご紹介します。

まずは野菜たっぷり青汁コンソメスープです。
お好みの野菜を一口大にカットして煮ます。
煮立ってきたらコンソメを入れます。
ベーコンやソーセージを入れるとコクのあるスープができますよ。
お子さんのいるご家庭は、食べやすいサイズのミートボールを入れても良いです。
お皿にスープをよそったら、食べる前に青汁を入れてください。
野菜の栄養と青汁の栄養をたっぷり摂ることができる、栄養満点のスープです。

次にご紹介するのは、青汁コーンスープです。
市販のコーンスープを使うのでとっても簡単!
まずはカップにコーンスープの素と青汁を入れます。
そこへお湯を入れて混ぜるだけで完成。
クリーミータイプがお好みの方は、温めた牛乳や豆乳で溶かしてください。
朝食にピッタリのスープです。

青汁は中華風のスープにも合います。
中華風のスープにほうれん草と卵と春雨を入れます。
最後に青汁の粉を入れて混ぜてください。
仕上げにごま油とごまを入れると、風味がアップしますよ。
中華料理に合うスープです。

最後にご紹介するのは子供が喜ぶミルク系スープです。
お好きなお野菜を一口大にカットします。
オススメの野菜はかぼちゃです。
魚肉ソーセージとかわいい形のマカロニ、コンソメを入れて煮ます。
最後に牛乳と青汁を入れてください。
マカロニが入るので食べごたえがあって、お子さんの朝食にもピッタリです。

ご紹介したように、青汁はどんなテイストのスープにも合います。
いろんな野菜や具材との相性もバッチリ!
手軽に青汁の栄養を摂ることができるので、ぜひお試し下さい。